仮ミニマル研究所

スマホの登場により、情報過多の時代にどのように暮らすのが心地よいのか?自分の目線で記事を書いています。

「ミニマリスト」から学ぶ!自分に合ったライフスタイル!#1

皆さま、初めまして。仮ミニマル研究所(@minimalistlab)です。

 

ブログを書くのは3年ぶりになります。

 

今回、ブログを新たにまた書こうと思ったきっかけは、

【今まで以上に自分というものを変えたくなった】のが一番の理由。

→このブログを立ち上げ、文章を書くまでにかなりの時間を要しました。

ブログを書き始めるまでにそんな時間が必要なのか?と問われれば、全く時間はかかりません。これは私自身の時間の使い方が悪かっただけの事です。今現在、様々な無料ブログがありますが、はてなブログを選んだのは3年前に利用させていただいていたからです。ただそれだけの理由です。

 

では、どのように自分を変えていけばいいのでしょうか?

ここ最近、私自身が影響を受けたことをずらずら書いていきたいと思います。

 

 

f:id:minimaistlabo:20190511195448j:plain


ミニマリスト

この言葉がYouTube内、ブログで再熱しています。以前からは気になっていた考え方ですが、動画を見ているうちにどんどんと巧みな話術にハマっていっている自分がいて…ある方はこれは宗教だとか言われている方も多くいらっしゃいますが、私自身「ミニマリスト」と名乗る方々が言われている事を鵜呑みにし、その通りにやる必要性は全く感じません。自分に必要な情報だけを取り入れていくことが大事なことだと思います。

しかし、言っていることは正しいと思えることもあったので、自分の心に響いた言葉をシェアさせていただきたいと思います。

 

◯使っていないモノは捨てるよりも悲しい存在である。

 

 

この言葉にはかなりグッとくるものを感じました。

私の部屋はキレイとは言えないが、汚くもないと自分の中では思っていました。じっくり部屋を観察してみると、使っていないモノ、埃が被っている衣服も多く、あらゆる面で不衛生な部屋で過ごしていることに気づかされ、先ずは整理整頓からし始めることにしました。

今までの発想としては、「整理整頓=収納ボックスにキレイに収めること」と考えていましたが…

「モノを手放す」

という言葉を知ってからは、少しずつ勇気を出してモノを手放し始めました。2019月8年からスタートさせ、その時を10としたのであれば、今では4程度までモノを減らすことに成功しました。

実際、「モノを手放すこと」で感じたことは、整理整頓とは全く違った考え方である事、使っていないものを処分し、

 

▶︎人生を歩んでいく上で自分にとって常に身軽な状態にしておく事◀︎

 

だと気づかされました。

※これは個人の見解です、皆さまに当てはまるとは思っていません。

モノを手放すに当たって、特に服。これはいちいちメルカリなどで販売する量ではないと思い、近くのリサイクルショップへ処分覚悟で持っていくと、小遣い程度ではありますがお金になって戻ってきたという事実。

お金欲しさに服を売ったという訳ではなく、ただ単に使っていないモノを引き取ってくれるところに持って行っただけです。リサイクルなので、また使ってくれる人がいるかもしれないので、ecoだという事です。

 

→確かにモノを手放して以来、私の周りからモノは減りました。その結果、部屋を汚したくないという思想が生まれ、これまで出しっぱなしにしていたモノをきちんと元に戻すという癖がつき、常に部屋の中はキレイな状態を保っています。

また、余計なモノを買わなくなった気がします。ちゃんと計画性を持って行動し、購入に至る、衝動買いをしない。なので、自分の身の回りには必要なものが揃っている。どこに何があるか?以前よりはるかに速いスピードでその時必要になるものを探すことが可能になり、時短にも繋がっているような気がします。

 

 

終わりに

書きたいことは山ほどありますが、今日はこの辺で記事を終わりにしたいと思っています。久しぶりに書いたので、語彙力がない点だけは多めに見てやってください。

毎日とは言いませんが、なるべく更新をしていきたいと思っています。また、ブログ自体どんどん勉強してカスタマイズもしていきます。

今回のこの記事を読んでいただいた方、本当にありがとうございます。

【スポンサーリンク】