仮ミニマル研究所

スマホの登場により、情報過多の時代にどのように暮らすのが心地よいのか?自分の目線で記事を書いています。

「ミニマリスト」から学ぶ!自分に合ったライフスタイル!#4【モノの手放し方編】

こんばんは。仮ミニマル研究所(@minimalistlab)です。

f:id:minimaistlabo:20190514182158j:plain

 

今日も 私のオススメ曲と一緒にご覧ください。

 

わたがし

わたがし

  • back number
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

本日は、

今までやっていなかった「読書」に挑戦です。

以前、「あなたが悩んだことは、ずっと前に誰かが既に悩んだことである」という言葉を思い出しました。

悩みは誰にでもあるものです。それを解決するにはたくさんの方法がありますが、

読書をすることで、先人の知恵を学べるということ。

「学ぶ」ことは出来ますが、「行動」しなければ意味がないのは分かっています。

今までの自分は、行動に移る前に「言い訳」を作って結局やらないことがほとんどで、結局は今の自分から全く変わろうとしていないという事に気付かされました。

 ↓      ↓私が購入した本

習慣を変えれば人生が変わる プレミアムカバー

習慣を変えれば人生が変わる プレミアムカバー

 

 

今日は本の話ではなく、これまでどれくらいの断捨離をしてきたのか?飽きない断捨離の仕方とは?を簡単に語っていきたいと思います。

 

 

【モノを手放すペースは?】

ミニマリスト」という言葉を自分の中に取り込んで、去年の9月からなんとなくモノを手放してきましたが、10あった持ち物が今では4になりました。しかし、まだまだモノへの執着があるものは捨てきれていません。

極端にモノを減らす、完璧に近い状態を保つのは極めて難しい事であって、最初からその域に自分を持っていくのは非常に困難かつ精神的負担も大きい。

そんなこんなで、私の場合は「完璧」を目指すのは辞めました。

完璧を目指していると凄く疲れます。また一気にやろうとするとそれまた非常に疲れも出てきます。

そこで、これまで「整理整頓」DAYを設け、2ヶ月に一回くらいのペースで必要の無いものを捨てるなり、売れるモノは売ったり、人にあげるなりをしてきました。

計算すると2ヶ月に一度ペースなので、4、5回に分けて片付けをした事になります。

まだ捨てる事が出来ていないものに関しては、引き続きやっていくつもりです。

 

【何を手放すのがいいのか?】

まず、身の回りのゴミから捨て始める事。これは誰もが言っている事です。

私の場合は、「テレビ」を自分の生活から除外しました。もともとテレビを持っていないという方は関係ないかもしれないですが、なぜテレビを除外したのか?

→ただ単に面白くないからです。そして、必要な情報はテレビよりTwitterスマホから受け取る情報の方が早いという事からです。リアルタイムで必要な情報は現代人にとってどれくらいあるでしょうか?

◯緊急を要する情報(自然災害情報)

すみません。それくらいしか思い浮かびません。

それ以外の情報は全て自分が必要な時に得られれば良い時代になってきていると感じています。テレビがあった場合、朝から事故や人が亡くなったというニュースを見て、気分良く出社できるでしょうか?気分を害してまで、そのような情報を取り入れる必要はないと思っています。今の自分に必要な情報だけを取り入れればいいのです。

私がテレビをすぐに除外できたのは、そういう理由からです。

 

【同じものは2つ、3つといらない】

モノを減らしたからといって、災害大国の日本に居住していたら防災グッズは必要不可欠です。これは減らしてはダメですね。

しかし、「モノの手放し」をしていくうちに分かったのですが、同じようなボールペンが必要以上にあったり、同じような着ていない衣服が大量にあったり…それ以外にも色々あります。

→自分の持っているモノを把握出来ていないから大量に溜め込んでしまっていた事になります。その分、無駄遣いをしてしまっていた事にも繋がっていたんだと気付かされました。

→まだ7ヶ月そこらですが、捨てたモノで後悔しているものは今のところ全くありません。むしろ何を捨てたか?売ったのか?思い出す方が難しいという状況です。

なので、「モノの手放し」を開始してから(現在進行中)、必要なモノしか買わないようになりますし、買う時に以前より慎重にモノを購入するようになったので、無駄遣いが減ったように思えます。

 

【終わりに】

断捨離する事で良いことの方が多いように感じますが、無理に「モノを手放し」をしすぎるとリバウンドの恐れがあります。

私の場合、何回かに分けて作業をしていますが、最初意気込みすぎて少しリバウンドしてしまいました。モノを減らしすぎて、一時的に寂しい症候群が発生してしまったのでしょう。

それを防ぐには、やはり無理をしない程度にちょっとずつ自分の心に余裕があるときに作業をすることをオススメします。

あと、スマホでネット購入をよくする方は、ネットショッピングサイトをまずは断たないとダメですね。ネットショッピングは客が買うように上手く作られていますので、極力見ないようにする必要があると思います。私も以前ネットショッピングを良く利用していましたが、最近はネットでは買わないようになってきました。

アプリは入っているけれど、見なくなりました。買い物で気分転換するより、運動を癖づけたり(散歩が最大の運動)、お金を使わないストレス発散方法を考えた方が健全に「モノの手放し」を進めることができると思っています。

 

※今日は断捨離について私なりの考えを書いてきました。何かに挑戦する時は悩む時間を最低限にし、まずは行動してみる。行動しなければ、何が悪かったのか?良かったのか?も判断できない。

物事の判断は、「モノの手放し」にヒントが隠されているかもしれないですね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。TwitterInstagramもやっていますので、興味のある方はフォローよろしくお願い致します。

Twitter】仮ミニマル研究所

Instagram

https://www.instagram.com/p/Bxb3u3tj1oN/

今までしなかったことに挑戦。「読書」先人の知恵を借りて、これからの自分の習慣を良い方向に少しずつ変えていこうと思います。今の自分を作っているのは、今までの自分の思考や習慣。今後、この思考や習慣を変えていけば、新たな自分を作り出す事ができる。まだ途中ですが、「自分が悩んでいることは、もう既に誰かが悩んだ事である」という言葉を思い出して、先人の知恵を借りようと思った次第です。まだ初日ですが、少しずつ先人の知恵を学んでいきたいと思います。#ミニマリスト#読書#毎日少しずつ#習慣を変える#人生が変わる#シンプルに生きる#先人の知恵#悩んだ時は#本を読む#ミニマリストになりたい